子供が産まれた

出産をして、子供が産まれた?おめでとうございます!!

このような場合にも、冷静に節税にはげみましょう。


出産をする場合には出産関連で多額の費用がかかります。出産は健康保険の適用もないため、その出費は非常に多くなってしまうのです。

ところが、意外かもしれませんが、この出産費用も、医療費控除の対象となります。


具体的には、出産に関連した費用から、健康保険組合等から支給される出産育児一時金等を控除した金額を医療費として扱うことになります。

所得が200万円以上の場合には、この金額から10万円を控除した金額を医療費控除として所得金額から控除することができるのです。


さて、ここで重要なのは、出産をする年は、ほぼ間違いなく医療費控除の申請ができるようになる、ということです。

出産をするときには「出産育児一時金」として30万円程度支給されますが、それでも、差引で考えると10万円以上の出費になることが通常ですので、医療費控除が受けられる金額に達してしまうのです。

ところで、医療費控除というのは、その名のとおり本来の意味での医療費と出産費用を合算で適用することができます。

そのため、出産を予定している年には、他の医療費関連の領収書をすべて保管しておくことで、年末に医療費控除の適用を受けることができるのです。


妊娠したとわかった瞬間から医療費のレシート集めに励みましょう!!


所得税 こんなときどうなる? 他の記事


所得税の基礎知識 メニュー

姉妹サイト