家を買った・家を建てた

住宅を買った場合や新築する場合、普通の方は住宅ローンを組むことになると思います。

現在の所得税法では、住宅ローンを組んだ人に対しては、「住宅ローン控除」による税額控除制度があり、納付する税金が安くなります。

例えば、今(平成18年)に住宅ローンを組むと最高で下記の税額控除が受けられます。

これを合計すると、30万円×7年+15万円×3年=255万円も税金が安くなることになります。

これを活用しない手はありませんね。


住宅ローン控除をうける条件ですが、非常に簡単にいうと期間10年以上の住宅ローンにより居住用の住宅を購入した場合に、最高で借入金額の1%の税額控除が受けられます。

例えば、年末の時点で住宅ローン残高が3,000万円残っていた場合には、その1%の30万円分所得税が控除されるのです。


なお、住宅ローン控除を受ける際には、サラリーマン等の給与所得者は住宅ローン控除を受ける最初の年に「確定申告」が必要になりますので注意が必要です。

[an error occurred while processing this directive]

所得税 こんなときどうなる? 他の記事


所得税の基礎知識 メニュー

姉妹サイト

[an error occurred while processing this directive]