総合譲渡所得とは

土地・建物以外の資産の譲渡により生じた所得は、他の所得、例えば給与所得などと合計して総所得金額を求め、確定申告によって納める税金を計算します。

土地・建物以外の資産の譲渡により生じた所得は、「譲渡所得の総収入金額−(取得費+譲渡費用)−特別控除額」で計算します。

この際に短期譲渡所得(原則として所有期間が5年以下の資産を譲渡することにより生ずるもの)と長期譲渡所得に区分して、それぞれ計算を行う点に注意が必要です。

また、特別控除額とは、短期譲渡益・長期譲渡益の合計で50万円を限度として譲渡益から控除できる仕組みをいいます。つまり、譲渡益が50万円未満の場合には課税されないことになります。


なお、実際に所得税額を算定するにあたっては、(短期譲渡所得金額+長期譲渡所得金額÷2)に対して税率をかければいいこととされていますので、税率は、長期譲渡所得のほうが低くなります。


所得税の所得区分 他記事


所得税の基礎知識 メニュー

姉妹サイト