配当所得とは

配当所得とは、主に株式の配当による収入をいいます。

配当所得は、より厳密には、下記のものが含まれます。

配当所得の金額は、「収入金額(源泉徴収前)−借入金の利子」により算定されます(ただし、実際には個人の方の場合には、源泉徴収前の収入金額=配当所得となるものと考えて、ほぼ間違いはないでしょう。)

配当については、上場株式の場合は、通常10%(所得税7%+地方税3%)、非上場株式の場合20%(所得税20%+住民税 なし)の源泉徴収が行われ、差引額が個人に支払われます。


本来、配当所得については総合課税の対象で、確定申告が必要とされています。しかし、上場株式(+上場会社以外からの少額配当)については、「確定申告不要制度」というものがあり、通常の場合、一般投資家は、配当所得について確定申告をする必要がないケースが多くなっています。

確定申告をしなければならないケースは、大ざっぱにいうと「銘柄別の配当金額が年間10万円を超える場合」というのが目安になります。

また、配当以外の所得が低い場合には、確定申告をする義務はないものの、確定申告をしたほうが税金が安くなる場合もありますので、注意が必要です。

[an error occurred while processing this directive]

所得税の所得区分 他記事


所得税の基礎知識 メニュー

姉妹サイト

[an error occurred while processing this directive]