利子所得とは

利子所得とは、主に銀行預金や郵便貯金から得られた利息による収入をいいます。

利子所得は、より厳密には、下記のものが含まれます。

利子所得は一般的には、得られた利子等の収入額をもって利子所得の金額とされ、税率は一律20%(所得税15%、地方税5%)とされています。


利子所得の特徴的な点としては「源泉分離課税」という方式により所得税が計算・納付される点があげられます。そのため、利子所得については、確定申告により所得税の申告・納付を行う必要はありません。


利子所得には、「障害者等の少額貯蓄非課税制度」、「勤労者財産形成貯蓄の利子非課税制度 」といった非課税所得が講じられています。

※いわゆる老人マル優制度(65歳以上)は平成18年1月1日から廃止されています。

[an error occurred while processing this directive]

所得税の所得区分 他記事


所得税の基礎知識 メニュー

姉妹サイト

[an error occurred while processing this directive]