所得税の所得区分

所得税の計算にあたっては下記の10個の所得区分に分けたうえで、それぞれ計算を行います。

このように所得区分を分けたうえで計算するのは、それぞれの所得の性質に応じた税負担を求めることで、不公平感を取り除くためといわれています。


例えば、給与所得・事業所得といった、勤労性の所得については高所得者ほど高税率を課することで、租税負担能力の高い人に所得税を課することとしています。

一方で、退職所得といった、給与の後払い的な性質を持つ所得については、単に金額が高いことだけを理由として高い率の税負担を求めるのはかえって不公平であるため、特別に低い税率を課すといった取り扱いが行われています。

また、いわゆる金融所得については、世界の流れを受け、一定率で課税を行っています。


所得税の所得区分 他記事


所得税の基礎知識 メニュー

姉妹サイト