所得税の税率と超過累進課税

所得税の税率は、原則として「超過累進課税」と呼ばれ、所得が多くなるに従い高い税率を適用されることとされています。

これは、通常の場合、所得が高い人のほうが、より多くの税負担に耐えうるという考え方に基づいています。

例えば、年収100万円の人にとって10%の10万円の税金を課税されるのは死活問題とさえいえますが、年収1億円の人が10%の1,000万円の税金を課税されても、充分生活ができてしまいます。

このように、同じ税率で課税をしてしまうと、低所得の人ほど、負担感が重くなってしまうのです。

そのため、給与所得や事業所得といった通常の所得の場合には、より所得が多い人に対してより高い税率を適用しているのです。

[an error occurred while processing this directive]

所得税とは 他の記事


所得税の基礎知識 メニュー

姉妹サイト

[an error occurred while processing this directive]