所得税の源泉徴収と年末調整

所得税は申告納付制度をとっており、原則として確定申告をする必要があります。

とはいえ、サラリーマンの大多数の方は、実際のところ確定申告をしたことはないのではないでしょうか?

これは、サラリーマン(給与所得者)の方は、実質的に、勤務先の会社が確定申告・税金納付を代行してくれているからなのです。


給与所得者の方は、手元の給与明細を見てもらうと、毎月「所得税」という名目で、給与からあらかじめ所得税相当分を控除したうえで給与が支給されていると思います。

「この所得税相当分を控除したうえで給与を支給する」ことを源泉徴収といいます。

そして、そのお金はどうされるかというと、勤務先の会社を経由して国に納付されているのです。


さらに、12月の給与明細を見ると、多くの方が「所得税」欄がマイナス(つまり、給与に上乗せして支払われている)のではないでしょうか?そこまでいかなくても、毎月の差し引き額に比べて、金額は変わっていると思います。

実は、勤務先の会社では、12月の給与支給時には、各個人の所得税額を計算し、その金額を給料から控除しているのです。これを年末調整といいます。

このように、給与所得者の場合には、12月末の時点ですでに勤務先の会社が確定申告に代わる作業をしてくれているのです。

そのため、例外はあるものの、普通の給与所得者は確定申告をしないでも済んでいるのです。

[an error occurred while processing this directive]

所得税とは 他の記事


所得税の基礎知識 メニュー

姉妹サイト

[an error occurred while processing this directive]